ザイロリックを通販で買う
ザイロリックって痛風の治療薬?   >   プリン体と尿酸の関係

プリン体と尿酸の関係

痛風にならない為に必要なこと "

私たちの体内では、尿酸値の上昇の原因となるプリン体は日々作りだされています。そのプリン体は、体内で産生と分解が繰り返されている細胞とエネルギーが分解される時に放出されているものです。
つまりは、尿酸は細胞やエネルギーの老廃物なのです。

本来、プリン体が作られても尿酸となって体外へ排出されることで体内に存在するプリン体のバランスは保たれています。しかし、何らかの理由で排出が産生に間に合わなくなり、尿酸が体内に蓄積されていってしまいます。

そして溜まりすぎることで血液中にとけきれなくなり、尿酸が結晶化することで痛風発作を引き起こしやすくなります。このことから、分かるように尿酸の排出がうまくいっていれば、尿酸値の上昇を防ぐことができます。

尿酸の排出を妨げることの大きな要因に、肥満があります。肥満の原因には、飲み過ぎや食べ過ぎがある上に、尿酸の排泄量が低下すること、そして減量すると排泄量が増えることも分かっています。

このように尿酸の排出を邪魔しない体質づくりが、尿酸値を上昇させないことにつながります。このほかに、尿酸を体内で過剰に作らないこととその排出をスムーズにするといいでしょう。

それは、適度な運動と水分を多く摂ることがあります。適度な運動は、肥満予防と代謝アップが期待できます。ただ、呼吸を深くしながらできるストレッチなどの「適度」な運動であることが大切です。

はじめにもあったように、細胞とエネルギーの老廃物としてプリン体が体内に放出されるので、激しい運動によって過剰に尿酸が産生されれば排出が間に合わなくなり、体内に溜まってしまいます。

そして、水分を多く摂ることで尿の量を増やすことで、尿酸の排出を促しましょう。このように運動をしすぎない状態で、代謝を良くし尿酸の排出をスムーズにさせることで尿酸値の上昇を防ぐことができるのです。

"