ザイロリックって痛風の治療薬?   >   ザイロリックは痛風予防の薬

ザイロリックは痛風予防の薬

尿酸の生成を抑制する "

痛風発作を起こしている人は、尿酸値を下げることが治療法だと考えることが多いのではないでしょうか。たしかに、同じことを繰り返さない為に必要なことです。

しかし、痛風発作を起こしている最中に尿酸値を下げる薬である、ザイロリックなどを服用すると痛みを増幅させてしまう可能性があります。ザイロリックを服用するのは、痛風発作が落ち着いてから、痛みが無いときにしましょう。

またザイロリックには鎮痛作用は無いので、その前に鎮痛剤を飲むなどして痛風発作を落ち着かせる必要があります。病院によっては、ロキソニンなどの鎮痛剤とザイロリックなどの尿酸値を下げる薬が処方されるのです。

ザイロリックが尿酸値を下げる働きをするのは、何故なのでしょうか。それには、有効成分であるアロプリノールが深く関係していました。

この成分は、プリン体が分解されて尿酸に変化するまでに必要なキサンチンオキシダーゼという物質の働きを阻害する働きを持っています。(別名:キサンチンオキシダーゼ阻害薬)

本来、プリン体は分解される時にヒポキサンチンを経てキサンチンへ変化した後に尿酸となって体外へ排出される状態になります。しかし、キサンチンオキシダーゼが阻害されればキサンチンへの変化も尿酸への変化も出来なくなるのです。

実はプリン体が尿酸へ分解される為に必要なキサンチンという物質の構造が、ザイロリックの有効成分であるアロプリノールの構造とよく似ていることから、キサンチンに代わってアロプリノールが分解時に利用されるようになります。

それは、キサンチンオキシダーゼがキサンチンと間違えてアロプリノールを取り込むことで起こり、するとオキシプリノールという物質になります。この物質もキサンチンオキシダーゼの働きを阻害します。

ザイロリックを飲むことで有効成分のアロプリノールが、尿酸の産生に必要なキサンチンオキシダーゼの働きを抑制し、さらに尿酸産生阻害の働きを持つ物質へ変化させるので、尿酸値の低下につながるのです。

このように、尿酸値は下げられるが痛みがある段階では飲むと、痛みを増幅させてしまう可能性があるザイロリックは、痛風発作が出る前に飲む痛風予防になる薬なのです。

"