ザイロリックって痛風の治療薬?   >   痛風が発症したらどうなる?

痛風が発症したらどうなる?

ビールやおつまみにプリン体は多い "

ほとんどの人が痛風を発症した時に、驚くといいます。それは、突然の激痛が襲ってくるからです。さっきまで、昨日まで何も無かったにも関わらず立ち上がれないほどの痛みがあらわれるのです。

その箇所は、大抵の人が膝から下で7割程度の人が親指に痛みを訴えます。痛風は、尿酸が溜まりすぎて結晶化することが原因になるので体の末端であり、動きの少ない足の親指関節に痛みを感じる人が多いといえます。

過去に痛風を経験したことがある人は、前兆に気付いて痛みが出る前に対処することもできるでしょう。しかし、その前兆となる症状は足がムズムズするような感覚やピリピリ、ジンジンというような軽い違和感であることが多いのです。

そのため痛風を経験したことがある人は、まさかそれが痛風の前兆だとは思わないので、気付かずに痛風発作があって、初めて分かります。

痛風発作は、関節に溜まった尿酸が結晶化してそこで炎症を起こして痛みや腫れがあらわれる症状です。患部に激痛・腫れ・表面が光るような発赤・熱を持つなどの特徴があれば、高い確率で痛風でしょう。

もし痛みが出て少しでも和らげたい場合には、患部を氷などで冷やす・心臓より高い位置に患部をもってくる・安静にする、などがあります。そして早急に病院を受診しましょう。

痛風のイメージが先行して、痛みが出た時に「炎症」ではなく「尿酸の結晶化」を考えて、流れを良くしようと患部を温めたり、マッサージをするなどは決してしないでください。患部は炎症を起こしているので、逆効果になって症状を悪化させてしまうことつながってしまいます。

また痛みを和らげようと飲酒したり、自己判断で鎮痛剤を飲むこともやめましょう。飲酒は尿酸値を上昇させるので痛みを増幅させ、飲んだ鎮痛剤がアスピリン系の場合は関節炎を長引せる危険性があるのです。

間違えたりしない為にも、痛みを和らげる最低限の応急措置を取った後はなるべく早く病院へ行って医師の判断に従いましょう。
そして、痛みを鎮めた上で、痛風発作を再発させない為にも尿酸値の上昇を抑える生活習慣と尿酸の排出を促す工夫を生活に取り入れるようにしましょう。

"