葉酸サプリで必要な栄養素を補おう|新しい命のために

女性

分割食のメリット

楽に摂取できます

医者

妊婦の食事は通常のときとは違って、胎児に対して栄養を供給する必要が生じます。しかし妊婦の場合は、妊娠中毒症を患うことがあります。妊娠中毒症になると、食事を受け付け難くなることが特徴です。しかし妊婦は通常よりも多くの栄養が必要ですから、食事を受け付け難いことは大きな問題です。そうした点から婦人科では、妊娠中毒症を患う妊婦の食事の方法として、分割食を勧めています。妊娠中毒症を患っていると、胃腸の機能が低下しています。そのため一度にたくさん摂取すると、胃腸が十分に対応できません。これに対して分割食であれば、胃腸への負担が少なくなって、楽に摂取することが可能です。こうしたことを十分に知らないために、妊娠中毒症で苦しむ人が、かなり存在しています。したがって妊娠中毒症に対して今後は、分割食が普及すると予想されています。

血糖値の上昇を抑制

また妊婦が分割食にすることは、妊娠糖尿病の予防にも効果的です。妊婦糖尿病とは、妊娠中に初めて糖尿病が発見されたものを示します。そのため妊娠前から糖尿病を発症しているケースについては、妊娠糖尿病に含まれません。妊娠糖尿病になると、妊婦の血糖値が上昇します。ここで問題になるのは、同時に胎児も血糖値が上昇して、流産や奇形などの要因になることです。こうした問題があることから、妊娠糖尿病は血糖値を管理することが必要です。一般的な糖尿病で血糖値を管理する際には、運動療法が推奨されています。しかし妊婦は運動療法ができるとは限らないことから、食事療法が中心です。その点で分割食にすれば、急激な血糖値の上昇を抑制できます。こうした特徴がありますので、分割食は妊婦に大切な食事方法です。