ザイロリックって痛風の治療薬?   >   体内で作られるプリン体

体内で作られるプリン体

痛風の前触れ症状チェック "

痛風だと気付くのは、痛みが出てから分かることがほとんどです。尿酸値が高いと、尿酸は結晶化して関節などに溜まっていきます。そして、そこに急激な尿酸値の上昇が加わることで尿酸結晶が刺激され、発作が引き起こされるのです。

その為、アルコールや肉・レバー類などから摂取するプリン体の過剰摂取によって、体内の尿酸値が上昇したと思われがちですが、実際は食べ物などから吸収されるプリン体は2〜3割程度です。残りの7〜8割は体内で作られるのです。

体内では、細胞の分解で産生されるものとエネルギーの代謝によって作り出される2つの方法でプリン体が作り出されているのです。

プリン体は細胞の遺伝子を構成していて、新陳代謝で古い細胞が壊されると同時に体内にプリン体も放出されます。

そして体内の細胞がエネルギー代謝を行う場合には、使ったエネルギーを補う時に溜めていたエネルギーが足りなければ、プリン体となって蓄積されることになるのです。

このことから、無酸素運動などの激しい運動をすると古い細胞の新陳代謝とエネルギー代謝によってプリン体が大量に体内で作り出されることになるのです。

すると、このプリン体の排出が追い付かずに関節などに尿酸が溜まり、結晶化して飲酒等の急激なプリン体の摂取が引き金となって痛みが出る「痛風発作」が起こってしまいます。
こうした仕組みがあることで、食べ物からのプリン体の摂取制限が注目されていました。痛風発作の引き金を引いてしまわない為にも、適度なプリン体の摂取制限は必要でしょう。

しかし、無酸素運動という激しい運動を繰り返すことで、体内では過剰にプリン体が産生されて尿酸が溜まっていってしまう可能性もあるので注意が必要です。

"