尿酸値を下げる薬

痛風の原因とザイロリック

ザイロリックと尿酸

「痛風」と聞くと、お酒好きな男性が多く発症しているイメージがあります。その原因は尿酸値の上昇。そして、それはプリン体の過剰摂取と深く関係していて分解される際に、尿酸へと変化するのです。

そのプリン体を多く含む食品の中にアルコール類そして、特にビールがあるのでお酒好きな人が発症するイメージが定着しています。

通常、プリン体は細胞内の遺伝子を構成している物質で、代謝によって産生と排出のバランスが一定量に保たれているものです。しかし過剰な摂取によって、尿酸へ変化しても排出が間に合わなくなり体内に蓄積されていってしまいます。

蓄積された尿酸は全身を回りますが、特に溜まりやすい箇所が関節なのです。そして溜まった尿酸は結晶化して、それを白血球が異物だと判断して攻撃してしまいます。その攻撃によって炎症を引き起こし、痛みまで伴うことがあります。こうして「痛風発作」が起こるのです。

そしてザイロリックは、尿酸値を低下させる働きを持っています。ただ、痛みを軽減させる働きは持っていないので、痛みが無くなってから服用しましょう。

有効成分であるアロプリノールは、プリン体が尿酸へと分解される時に必要とされる成分の働きを阻害する働きを持っています。その働きによって、尿酸が産生されずに済むので蓄積を防ぎ、尿酸値の低下につながるのです。

病院から処方してもらう場合には、鎮痛剤とともに尿酸値を下げる薬としてザイロリックが処方されることもあります。そんな病院でも処方されるザイロリックは通販でも購入することができるのです。

まだ痛風を発症していない人や痛風発作が起きてない時の尿酸値を抑えたい人、病院に行く手間を省きたい人は、こうした通販サイトでザイロリックなどを購入することがおすすめです。

プリン体と尿酸の関係

体内に存在するプリン体と尿酸

プリン体は、私たちの体内で細胞のエネルギーを構成していて、分解の時に放出されるのです。本来ならば、尿酸となって体外へ排出されます。しかし、産生の量が多いと排出が追い付かずに体内に尿酸が溜まっていってしまいます。

» 詳細を確認する

体内で作られるプリン体

プリン体の8割は体内で作られる

尿酸値が高い、などで痛風にならない為に必要な生活習慣の改善は、プリン体が含まれる食品を控えることだけではありません。実は体内に存在するプリン体の約7〜8割は、体内で作り出されています。

» 詳細を確認する

ザイロリックは痛風予防の薬

痛風を予防するために尿酸値抑制

尿酸値を下げる薬として知られるザイロリックですが、痛風の症状である、関節や足の痛みが出た時の服用は避けましょう。炎症や痛みを起こさない為に予防として、ザロリックを飲むことがオススメです。

» 詳細を確認する

痛風が発症したらどうなる?

足の痛みや腫れは痛風かも

お酒好きな男性が経験していることが多いイメージがある痛風ですが、発症したら一体何が起こるのでしょうか。そして、いざそうなった時にどう対処したらいいのか知っておきましょう。

» 詳細を確認する

女性も増えている痛風

痛風の女性患者

男性のイメージが強い痛風は、最近女性患者も増加傾向にあります。それには、女性の社会進出と生活習慣の変化が関係しているようです。特に閉経後の女性は発症しやすいです。どう関係しているのでしょうか。

» 詳細を確認する